ボーイングの練習

ヴァイオリンで一番難しいのは恐らくボーイングですね。弓(ボウ)を安定して動かす練習です。

しっかりしたボーイングをマスターすれば、しっかりした音色と十分な音量を響かせることが出来ます。左手の運指は練習は必要ですが、ボーイングに比べれば重要性は少し少ないですね。運指は沢山練習すれば大抵マスターできます。しかし、ボーイングは先生についてみっちり練習する必要があります。結構、何年もヴァイオリンを弾いている人でも、先生に見てもらうといくつも指摘されたりします。自己流では絶対無理ですし、一度変な癖がついてしまうと、初心者の方が良い、という位、修正するのが大変です。

良いボーイングとは

肩の上で楽器をしっかり構えられることが前提です。楽器の構え方のコツは別のページに書きます。その楽器の上で自在に、まっすぐに弓を動かすことが必要です。大事なのは「まっすぐに」ですね。右手、右手首、右腕の動きは非常に複雑です。弓先から弓元までしっかりコントロールできることが大事です。ロングトーンはもちろん、ヴァイオリンは曲想により弓先を使ったり弓元を使ったりします。どんな時でも安定したボーイングが出来ることが大事です。

余分な力を抜く

最初のうちはスムーズに行かないと思いますが、あまり余計な力を入れないことが大事です。最初は力みがあっても、上手くできるようになったら力を抜いていきます。焦る必要はありませんが、力を抜いて手首をしなやかに動かしたり、腕の重さを弓に伝えて音を出す、という風に、最終的には力を入れる場面はほとんどありません。

まっすぐなボーイングのコツ

右腕の動きと真っすぐなボーイングはかなりコツが必要です。

弓先を弾く時には、右腕の肘を伸ばします。そうしないと、弓は円を描くように動いてしまい、雑音が混じったりして綺麗な音が出ません。この右腕の肘を伸ばす動作は、難しめの曲などを弾いていると案外忘れがちで、何年たっても先生に注意される所ですね。

弓元はもっと難しく、右腕の肘を曲げて手首をしなやかに折り曲げる必要があります。この右手の形は複雑なので先生から直接教えてもらうのが良いですね。これが出来ないと弓元では弾けないため、しっかり練習する必要があります。弓元は大きな音が出やすいので、安定したボーイングが出来ないと雑音を出してしまったりします。何年たっても振り返りの練習が必要ですね。

ビデオで撮影して観てみよう

自分のボーイングをビデオ撮影して観てみるのがお薦めです。スマホでもビデオカメラでも構いませんが、テーブルや三脚を使うなどして、左上あたりに上手く固定して、まず上から自分のボーイングを見てみます。まっすぐ弓を動かせているでしょうか?初心者でしたら大体弓先や弓元で斜めに動いていることが多いと思います。体の大きさもありますし、多少揺れるのは仕方がないですが、自分がどのようなボーイングをしているのか見てみることはとても大事で、上達に欠かせないですね。