ヴァイオリンの構え方

このページではヴァイオリンの構え方について書いてみます。筆者はヴァイオリンの先生では無いので、実際は先生に教えてもらうのが良いのですが、大事な所を書いておきたいと思います。

楽器は持つのではなく「のせる」

楽器を持つのに余計な力が入ってしまうことは良くあります。ベテランの奏者でも結構力を入れて弾いている人がいますね。

特に現代のヴァイオリンは顎当てと肩当があるため、顎で挟めば一応楽器は安定します。ハイポジションが多い曲を弾いている場合など、ポジションをアップするために顎で楽器を固定する必要があります。なので、多少顎で挟む必要はありますが、力は最小限な方が良いです。

顎の力で楽器を固定すると、肩こりが酷くなりますよ。

正しい楽器の構え方は、まずきちんと立つ必要があります。次に楽器を持って構えてみます。左ひじはどうなっているでしょうか?左ひじは折り曲げて楽器の下あたりに来るようにします。左肩も少し内側に移動します。これを「左ひじをいれる」と言います。

左手はネックを握らない

左手はヴァイオリンのネックを持っていると思いますが、握ってはいけません。親指と人差し指の間に「のせます」。

大事なことは、左手首を伸ばす、ということです。そして左手が自由に動かせるようにします。ここで力が入っていると腱鞘炎になりやすくなります。左手首を自然に伸ばすことで、筋肉の動きが左手の「健」の動きはスムーズになるんです。

「健」は筋肉ではなく、ワイヤーのようなものです。そして指を動かす筋肉は実はワイヤーで繋がった腕にあります。ワイヤーのようなものなので、折り曲げるとそこでひっかってしまい、腱鞘炎になりやすいです。これは大事なのと、難しい曲を練習しているといつの間にか手首を曲げてしまうことが多いので、手首を曲げないようにするガイドが売っています。これを付けて練習すると手首が曲がった時に気づきます。

気になる方は筋肉の本を一冊もっているといいと思います。体中の骨格や筋肉、健などの構造を知っていたほうが、無理のない構えが理解できます。

楽器なしで左腕の形を確認する

きちんと楽器を持てていれば、楽器をただ左手、左腕に載せているだけになります。楽器を構えた状態で、誰かに楽器を上に持ち上げてもらえば、左手、左腕の形はかわらないまま楽器だけ持ち上げられます。

次に楽器なしで、楽器を構える時の左手、左腕の形を再現してみてください。そして、誰かに上から楽器を載せてもらいます。そのまま弾ければ大体合格です。「左肩を少し内側にする」「左ひじを入れる」ことで楽器を載せる土台が出来ます。そこに楽器を載せて弾くんです。

文字で説明するのは難しいので、実際は、先生に見てもらいましょう。正しい構え方をイメージして練習することが大事です。

体幹で楽器を支える

さて、楽器を左腕に載せたとして、その重さはどのように支えるべきでしょうか?そんなに重いものではありませんが、交響曲など長時間弾くので、意外と楽器の重さを感じます。楽器よりも左腕の重さの方が大きいかも知れませんね。

いずれにせよ、ヴァイオリンや左腕の重さは背骨を通じて両足で支えることになります。この時にヴァイオリンが腕の先の方で構える程、てこの原理で重く感じます。出来るだけ首の近くに構えるのが良いです。また、左腕を下げてしまうと、バランスが崩れて、重さが背骨に伝わりにくくなります。ヴァイオリンは左腕で構えますが、その重さは体幹で支えることをイメージしてください。左腕を体幹を一体化できれば、疲れが少なくなります。また、頭の位置も大事です。顎で楽器を挟む関係上、頭は左側に偏りがちですが、そうすると左側に負担がかかります。肩こりといっても、実は頭の筋肉に力が入っていて凝っていることが多いですよ。頭は必要以上に傾けないで、頭も背骨で支えるイメージを持ちましょう。

昔のヴァイオリンは肩当がなかった

ここで昔のヴァイオリンであるバロック・ヴァイオリンの構え方について書いてみたいと思います。バロック・ヴァイオリンはヴィヴァルディやバッハの時代の楽器で、ストラディバリウスなどもバロック・ヴァイオリンとして制作されました。

バロック・ヴァイオリンは肩に載せて演奏する楽器の元祖です。現代のヴァイオリンに比べ、軽量で良く響きます。顎当てがないので、きちんと肩に載せないと演奏できません。しかし、固定されていないので左手のポジションチェンジの際にどうしても楽器が動いてしまいます。とはいえ、当時はサードポジション位までしか使わない曲が多かったようですが。ポジションチェンジの際には、左指で手繰り寄せるようにして移動します。それだと素早いポジションチェンジが出来ないため、肩当が登場し顎で押さえるようになりました。

つまり、顎で押さえるのはポジションチェンジのためであって、ポジションチェンジの時だけ軽く顎当てに引っ掛けるのが正しいです。現代のヴァイオリン奏者は少し力を入れすぎていると思います。

現代のヴァイオリンも、このバロック・ヴァイオリンの構え方を参考にすると、余計な力を入れずに構えることが出来ます。そうすると、肩こりも大分少なくなりますよ。