ヴァイオリンを選ぶ:価格編

ヴァイオリンなどの弦楽器は価格の幅が広く、どの楽器を買うべきか判断に迷います。中国製の1万円以下のヴァイオリンセットから、クレモナの数百万の楽器、極端な例では数億円もするストラディバリウスまで、さまざまな楽器があります。

このページでは、アマチュアが購入することを前提に、どの値段でどんな楽器が買えるのか、を書いてみます。

ご注意

なお、このページは筆者の個人的な考えがベースであり、試奏や購入経験を踏まえて書いた読み物です。これを参考にして購入に失敗しても責任は持ちません。

格安ヴァイオリンについて

格安楽器はとにかく安いのが特徴で、形はヴァイオリンですけれど、楽器としての価値があるかどうかは不明です。練習用としても楽器本体で1万円は出したい所です。楽器としての最低限の体をなしていないと上達しませんので。

ちなみに10年前は、この価格帯にはヴィオラやチェロはありませんでした。最安値のヴィオラは本体だけで7,8万円はします。そのヴィオラを一つ持っていましたが、響きは悪かったですが、楽器としての体は成していました。チェロは15万円位からになります。需要が大分違うとはいえ、おそらくヴァイオリンでもその位の本体価格でないと、まともな楽器は作れないように思います。

とはいえ、そこまで本格的に考えていなくて、飽きてしまう可能性が高いけれど、ヴァイオリンを始めたい、という方には良いかも知れません。本格的にヴァイオリンを始めると十数万円の初期費用はかかりますので。

1万円以下の格安楽器

安い方では中国製の1万円以下のヴァイオリンセットがあります。1万円以下でヴァイオリン・セット、ということは弓や弦、楽器本体まで入れて1万円ということです。滅茶苦茶安いですね。

楽器本体の価格は5000円以下だろうと思います。機械生産で安い木材を使い、ニスの代わりにラッカーが使われています。ヴァイオリンの形をしているだけでも凄い値段です。大事な所が全く作りこまれていないので、何とか音が出るレヴェルという所です。弦がすぐ切れてしまうとか、ペグがちゃんと回らないとか、輸送中に魂柱が倒れているとか、楽器といえないレヴェルのトラブルが多いです。箱を開封して、ちゃんと弾けたら運が良いと思われます…

頑張って練習したとして1年もすると弓の毛替えの必要が出てきて、安くて9000円程度でしょうか。楽器本体の値段よりも、弓の毛の値段の方が高い位です。

3万円~5万円の格安楽器

3万円前後~5万円程度のヴァイオリンセットもあります。これは1万円以下の楽器に比べれば、楽器本体にかける価格は1万円程度でしょうから、値段なりの音は出ると思います。モノによるかもしれませんが、楽器本体がちゃんと共鳴しているのか、怪しい感じもします。

この価格帯では、ニスとかラッカーなどの細かい違いは考えなくても良いと思います。楽器本体がきちんと作られていることが大事で、楽器本体のバランスやそもそも楽器本体がちゃんと共鳴するかどうか、が大事です。鳴りが良くて満足できたらラッキーです。

これからヴァイオリンを始める人で、アマオケに入るつもりもなく、先生につく予定もない人なら良いかな、とは思います。もし先生について練習していくのでしたら、この価格帯の楽器は買わず、先生についてから楽器を選ぶのが良いと思います。

他のページで書きましたが、ヴァイオリンは始めが肝心で、楽器の構えや基礎的なボーイングで変な癖がついてしまうと、そのあと先生についても癖を直すことから始めることになり、逆に上達しにくくなります。意外と構えるだけでも難しいので、本やDVDを見ただけではいくら練習してもちゃんとは弾けない、というか、逆に変な癖がついて体を壊す可能性すらあります。もし、一日に何時間も練習するなら、せめて最初の1年だけでも先生についてレッスンを受けることをお薦めします。

初心者向け楽器

初心者としてヴァイオリンを始めるときに検討できる楽器の価格帯です。ヴァイオリンセットなら10万円は超えたい所ですね。とはいえ、スズキのヴァイオリンがこの価格帯にあるため初心者向けとして必要十分な楽器もあります。

5万円~10万円の楽器

このクラスからは、主に初心者向けですが、使える楽器が出てきます。ヴァイオリンセットだと本体にかける価格がいくらかは分かりません。ケース、弓、弦など意外と高いものです。楽器本体の価格は1/3程度だろうと思います。

ただ日本のスズキのヴァイオリン、東欧の楽器メーカなど、信頼できるメーカの楽器も視野に入ってきます。楽器としての響きはイマイチなものが多いですが、「上達したら買い換えよう」と考えて購入すればよいと思います。途中で飽きたり、練習が大変であきらめたりすることもあるかも知れませんが、この価格帯なら仕方ないと思えるでしょうか。

15万円前後の楽器

この価格帯では、ヴァイオリンセットとして信頼できる楽器が買えます。本体価格も7万円程度はするでしょうし、弓もまあまあだと思います。初心者向けで、上達したら買い換えることを前提に選ぶ楽器だとは思います。

楽器としての響きは良いとは言えませんが、中には鳴りが良いものもあり、それで満足できればアマオケなどでも十分使い続けられます。とはいえ、実際に上達したらグレードアップしたくなってくると思いますけれど。ある程度弾けるようにならないと楽器の善し悪しも分からないので、それまでの数年使うのに良い楽器です。

普通のアマチュア向けの楽器

普通のアマチュア向け、と書きましたが、収入や生活は人により異なると思います。とりあえず30万円以上になると、楽器工房で扱っている楽器が視野に入ってきます。

30万円前後の楽器

日本のヤマハなど新品なら十分なグレードの楽器が買えます。この価格帯から本格的な楽器になってきます。特に中国や東欧など、人件費の安い場所であれば、クレモナなどで修業した楽器製作者が監修して楽器を作ることが出来る価格帯です。

ヴァイオリンセットもありますが、この価格帯なら楽器本体を個別に選びたい所です。弓は3万円程度のカーボン弓もあって、案外それで十分です。

中古の楽器も視野に入ってきます。楽器工房で購入するちゃんとした中古の楽器で、弦楽器の場合、状態が良ければ古い楽器の方が、木材から水分が抜けて響きが良くなります。大体は1900年以降に制作された楽器で、モダン・ヴァイオリンと呼ばれます。ただし個体差、つまり出来の良い楽器と悪い楽器の差が大きな価格帯に入ってくるので、試奏するのは必須です。新品なら通販でも良いかもしれませんが、モダン・ヴァイオリン(中古)は弾いてみないと分かりませんし、比較的安い楽器の範疇に入りますので訳アリかもしれません。ある程度、上達してから自分で試奏するか、上手い友人と一緒に買いに行くとか、そういう工夫が必要ですね。掘り出し物の多い価格帯なので、アマオケに入団するとお薦めしてくれたりもします。紹介料目当てでなければ、口コミも良い情報です。

将来のグレードアップを考慮して、きちんとした楽器工房を選ぶと良いです。グレードアップするときに下取りしてくれる楽器工房が多いからです。もっとも下取りはヴァイオリンの本来の価格をグレーにしてしまうため、あえて下取りしない良心的な(?)楽器工房もあります。いずれにせよメンテナンスなどもありますので、長く付き合えそうな良い楽器工房を探して、そこで購入するのが良いですね。

50万円前後の楽器

アマオケ等、本番で使える楽器で、まだ少し安めな価格帯です。

日本メーカの新品ならグレードの良い楽器が入手できます。しかし、この値段を出すなら、楽器工房を廻って中古の好みにあった楽器を探すのが良いと思います。ドイツの中古楽器など、探せばかなり良く鳴る楽器があります。ただ繊細さには欠ける楽器が多く、見た目も悪い楽器が多いように思います。見た目が悪いと価格は割安になるため、音色で決めるなら見た目は気にしない方が良いかもしれません。

ただ壊れて補修した楽器やf字孔やスクロールに傷があったり、欠けている楽器も多いので、そこは注意した方が良いです。購入時に安い分、買取してもらうことになったら割安になるため、それも考慮に入れておいた方が良いです。

70万円前後の楽器

アマオケ等で使える楽器の中で、一般的な価格帯です。楽器工房に行ってもこの価格帯の楽器は多くあります。

1900年代前半のフランスで家内制手工業で制作された楽器が、この価格帯で入手できます。ドイツの楽器でも標準的で状態の良いものが入手できます。もう製作から100年弱経っているため、響きが良いです。ただし、鑑定書の類が付くような楽器はありません。なお1900年代に入った楽器はモダン・ヴァイオリンと呼ばれます。1800年代より前の楽器がオールト・ヴァイオリンです。オールド・ヴァイオリンで状態の良いものはもう少し上の価格帯です。

どの価格帯でもそうですが、響きが良いかどうかは弾いてみないと分かりません。フランスの楽器はドイツの楽器に比べて響きは弱い感じがしますが、これはフランスの楽器の個性かもしれません。良く鳴るかどうか、だけでなく、音色の個性も出てくる価格帯です。

アマチュア向けヴァイオリンとしては一般的な価格帯なのですが、ある程度弾けるようになってから自分で弾いて探すのが良いです。楽器を貸し出してくれる楽器工房もあります。これより上の価格帯ではじっくり選んで購入したい所です。

100万円前後の楽器

アマチュアが使う楽器としては十分良い楽器になります。この価格帯で探しているアマチュアの方は多いと思います。中古の楽器であれば、フランス製の1900年代前半の良い楽器が入手できます。ドイツ製も良い楽器が多いです。70万円~100万円前後は、価格が連続していて数も多いため、沢山試奏していたら高い楽器を買ってしまった、という人も多いと思いますので、上限は決めておきましょう。

クレモナの新作も視野に入ってきますが、この価格帯だと新人の楽器製作者が中心でお勧めできません。新作で中低音があまり響かない楽器が多いと感じます。クレモナというブランドがあっても製作者が良くない場合や鑑定書がない場合、後で買取してもらう時にとても安くなってしまいます。

楽器工房ではこの価格帯の楽器は多く、本当に玉石混交で、状態が悪い楽器も意外と多いです。量販店の中には割れて穴が開いた中古楽器をこの価格で売っていることを見たことがあります。1800年代以前のオールド・ヴァイオリンは状態が良いものが少なくなっています。買う側の楽器を見る目が重要な価格帯ですね。じっくり時間をかけて試奏するとともに、楽器の状態も良く見てください。数カ月かけても良い楽器を探す価値のある価格帯です。

150万円前後の楽器

この価格帯だとクレモナの新作が視野に入ってきます。それなりの制作者でも新作であれば、この価格帯で売っていることがあります。アマチュアとしては高い価格帯なので、あまり高い値段をつけても買い手がいないでしょうからね。

一般的な売れ筋よりも高い価格帯ですので、玉石混交ですが割安な楽器もあります。よく探せば相当満足できる楽器を見つけられる価格帯です。

200万円前後の楽器

アマチュアとして最高峰に位置する価格帯だと思います。クレモナで鑑定書付きの楽器もあります。クレモナを買うなら安いものではなく、きちんとした製作者の鑑定書付きの楽器を選んでください。いずれにせよクレモナは割高なブランドなので、買取を考えなければ新作のクレモナより、モダン・ヴァイオリンオールド・ヴァイオリンを探した方が音は良いです。もっとも新作でも古い木を使った楽器もあるため、単純比較はできません。

モダン・ヴァイオリンオールド・ヴァイオリンでしたら、地道に探すことで驚くほど良い楽器を買うことが出来ます。程度も良く、響きも良い、という楽器が多いです。もっとも弦楽器はどの価格帯でも玉石混交です。この価格帯の楽器を買うなら、何か月も時間を掛けて楽器工房をめぐり、妥協せずに良い楽器を探してください。良い楽器が無ければ時間をおいてまた探してください。恋に落ちるくらい良い楽器がありますよ。

アマオケでもコンサートマスターなど、トップレベルの方を中心にこの価格帯を選んでいます。一般的な会社員のアマチュアならこの辺りが上限かなと思います。

500万円以上の楽器

この価格帯はアマチュアとしては非常に高い楽器になります。クレモナの有名な製作者で、中古であっても視野に入ります。率直に言って筆者はこの価格帯の楽器は、試奏もしたことがないため何とも言えません。弦楽器は上を見るとキリがなく、弾いてしまうと欲しくなってしまうかも知れません。なので、自分の収入などを考えて、予算的に無理なら試奏もしない方が良いですね。

現在、収入的に十分であっても将来どうなるかは分かりませんし、鑑定書があって買取価格を提示してもらったとしても、壊してしまったり、しばらく使わないうちに表板が割れたりすることがあります。壊れたり傷がついたりすると価格が高いだけに買取価格が大きく下がります。逆に時間が経って値上がりする楽器も中にはあるかも知れません。このページでは資産としてのヴァイオリンについては調べたこともなく良く分からないため、あまり書くことが出来ません。

アマオケでもこの価格の楽器を買う人もいます。正直、アマチュアが高い楽器を購入しても自己満足にしかなりません。無論、レクサスを買うよりは安いですけれど、人によっては人生設計にかかわるレヴェルです、汗。買うならマネーのライフプランをよく考えるのが良いです。

数億円の楽器って、本当に音が違うの?

数億円の値打ちがあるのは、歴史的な文化遺産レヴェルで、現役として活躍しているストラディバリウス、ガルネリ、アマティなどの銘器ですね。プロでも高名なソリスト位しか使っていません。個人的な持ち物ではなく、財団から貸与される場合が多いです。

このクラスの楽器はみんな凄い響きなんだろうと思いますが、本当に差はあるのでしょうか?良くテレビで安物のヴァイオリンと弾き比べクイズなどしていますよね。千住真理子氏の本を読むと、ストラディバリウスでも良く鳴る楽器と、そうでもない楽器があるようです。でもプロのソリストにとっては憧れの楽器ですね。

筆者は当然、こんな高額な楽器に触ったことはありませんが、欧米の楽器博物館で見たり、コンサートで聴くことは出来ます。旅行でクレモナに行けば博物館があります。クレモナに行くにはミラノから電車で30分です。楽器工房と博物館位しかないですが、博物館ではストラディバリウス、アマティなど、コンサートが開催されていたりします。なので、銘器同士の弾き比べのなので、どれも良い音色ですけれど。

コンサートでヴァイオリン協奏曲を聴くとたまにソリストのヴァイオリンの弦が切れることがあります。その場合、出来るだけ早くコンサートマスターのヴァイオリンをもらい演奏を続行します。コンマスは2プルの奏者から楽器をもらい、最後のプルトの奏者はソリストの楽器を持って舞台裏に行き、予備の楽器を受け取って適当なタイミングで戻ってきます。若手ヴァイオリニストは力演しすぎて弦を切ってしまうことが多いですね。一番有名なのは五嶋みどりが1曲で2回E線を切ったことで、伝説になっていますね。

サントリーホールでショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲を聴いたコンサートの話です。ソリストはロストロポーヴィチから高い評価を得て共演を重ねていた若手の木嶋真優でした。「カラヤンがムターをデビューさせたようにロストロポーヴィチは木嶋真優を世に出した」と言われた位です。使用楽器はストラディバリウスだそうですが、当日どの楽器を使っていたのか覚えていません。

このコンサートはロストロポーヴィチの最後の来日で、ロストロポーヴィチは1カ月後に亡くなり、有名なコンサートになってしまいました。ロストロポーヴィチは零下20度位(比喩ですよ)の冷たく緊張感に満ちた響きを新日フィルから引き出していました。第1楽章なんて凄い緊張感で、聴いているこちらも緊張する位でした。そして第4楽章で盛り上がっているときにソリストの弦が切れました。素早くコンマスの楽器と交換して、楽器をリレーしていく1stヴァイオリンセクションは見事でした。

しかし、楽器を変えた瞬間からスピード感のあるスリリングな響きが無くなり、まるで違うソリストの演奏を聴いているかのようでした。新日フィルのコンマスはソリストとしても活躍している人が多く、相当良い楽器だったはずです。ストラディバリウスなんて、単なるブランドだろう、と思っていたので、この違いには驚きました。慣れもあるとは思いますが、音響の良いホールだと響き方が全然違うものですね。頂上決戦みたいなものですが、本当にヴァイオリンの音には上には上があるんだなぁ、と感心しました。

まとめ

色々脇道に逸れましたが、筆者の知る限りでどの程度の価格でどんな楽器が買えるのか書いてみました。アマチュア向けは70万円~100万円あたりが数が多いですし、質も良いです。ヴィオラやチェロもその価格帯が充実しています。そのクラスの楽器を買う場合は玉石混交で、良く楽器をチェックするとともに、同じ価格帯の楽器を沢山試奏して善し悪しを見極めることが大事です。

また30万円~50万円の価格帯にも探せば良い楽器があります。ただ数は少なめで、訳アリの楽器もありますし、見た目の悪い楽器も多いです。新作だとしっかりした楽器が多いですが、あまり響きが良いとは言えないと思います。ヴィオラやチェロも似たような傾向で、チェロは少し高価ですが、40万円を超えるとヴァイオリンと大差なくなってきます。

ヴァイオリンは、新車に比べれば安いですが、高い買い物です。決して衝動買いはしないで、数カ月かけてもじっくり試奏して決めてください。良いヴァイオリンでないと良い演奏は出来ません。ただ、高い楽器を買えば上手く聴こえるようになる、ということは、あまり無いですね。自分自身が満足できるかどうか、です。必要以上に高すぎる楽器を買って後で後悔しないよう、マネープランも含めてじっくり選んでください。

なお、お金持ちの方は高い楽器を買うと製作者を応援することになりますし、そういう考え方もアリだと思います。